fc2ブログ
2023/10/11

羽田空港(HND)~インド・デリー向けハンドキャリー3

スタッフのSです。
ここ数日アメリカ・中国と渡航しており、更新が遅くなりました。申し訳ございません。

さて本日も羽田空港(HND)~インド・デリー向けハンドキャリー2の続きをエントリーいたしますので最後までお付き合いください。

帰国日となり、この日は朝からオールドデリーを散策しました。まずはインド最大のモスクであるジャマ―マスジットへ。
中を見学しようと思いましたが、外国人は中々の料金を支払わないといけないため外観を眺めるだけにします。

2023-7Delhi (21)

この辺りはザ・インドで野生の猿も電線や屋根に沢山いました。

2023-7Delhi (22)

裏道を少し歩くとシク教の寺院であるグルドワラ・シス・ガンジ・サヒブがありました。
外国人専用の受付があり、誰でも無料で案内してくれますが、受付で氏名を記入し頭に巻く布を貸してくれます。(女性は足に巻くストールのようなものも貸してくれます)

中に入ると敬虔な信者が礼拝をしており、信者に無料で配られる食事の厨房なども見学することができます。

2023-7Delhi (23)

1時間ほど見学させていただいた後は、ホテルまで歩いて帰ろうと思い30分ほど歩きましたが、狭い道にリキシャと人が混沌としておりかなり疲れました。

2023-7Delhi (24)

お昼になりましたので近くの食堂でビリヤニをいただきました。

2023-7Delhi (25)

結局、残り2kmはオートリキシャでホテルの戻ります。

2023-7Delhi (26)

ホテルに戻りシャワーを浴び、荷造りをした後はUBERで空港へ向かいました。インドはUBERも安く、大変助かります。

2023-7Delhi (27)

約40分でデリー空港に到着。

2023-7Delhi (28)

帰国便もJALですのでチェックインします。

2023-7Delhi (29)

インドの空港はセキュリティが厳しく、搭乗者しか空港内には入れません。そのため空港内はセキュリティエリア外も空いています。
制限エリア内には色々な店舗がありますので、搭乗時間まであっという間でした。

2023-7Delhi (30)

デリー羽田間はJL30便 DEL19:05-6:05HND 使用機材はB787です。

2023-7Delhi (31)

機内は7割ほどの乗客で日本人とインド人が半々くらいでした。

2023-7Delhi (32)

約7時間半で羽田空港へ到着。

JALはサービスも良く、外資系に乗ることの多い私にはとても快適でした。

2023-7Delhi (33)

このようにティスク渕上ではコロナ禍を経てインド向けハンドキャリーが多くなってきております。

国際・海外ハンドキャリーは経験豊富な弊社までお気軽にお問い合わせください。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2023/10/01

羽田空港(HND)~インド・デリー向けハンドキャリー2

スタッフのSです。羽田空港(HND)~インド・デリー向けハンドキャリー1の続きです。

前日にデリー空港で貨物の引き渡しを完了し、翌日はオフとなりました。(弊社ではクライアント様のハンドキャリーフィーを極力お安くするためスタッフの帰国日を調整し、安い航空券をブッキングしています。そのため2~3日現地に滞在する場合が多くなります)

この日は7時に起床し、ホテル近くの屋台でチャイ(10ルピー)からスタート。

2023-7Delhi (11)

ムンバイでは見かけなかった神聖な牛もいらっしゃいます。

2023-7Delhi (12)

朝食後は、オートリキシャに乗ってタージマハルのモデルとなったフユマーン廟へ行きました。

2023-7Delhi (14)

初めて行きましたが、思ったよりも壮大です。観光客は少なく、タージマハルと比べ物になりませんが、厳かな中に威厳も感じられます。

2023-7Delhi (15)

この石棺の真下にはフユマーンの遺体を収めた棺が安置されているといわれています。

2023-7Delhi (16)

2時間ほどフユマーン廟を拝見した後は、インド門へ行きました。
インド門はムンバイにもありますが、戦争の記念碑として建てられました。門にはイギリスの兵士や将校を含む13,300人の軍人の名前が刻まれているそうです。

2023-7Delhi (17)

この日はこの後ホテルに戻り、デリー駅近くのレストランでフィッシュカレーをいただきました。魚はハーフもありますが、店員さんに「ハーフは小さいからフルがいいよ」といわれフルがこのサイズです。

フルの料金はハーフの倍となり、中々の金額でした。

2023-7Delhi (18)

ホテルまでの帰りにはいつも通りの牛さんたち。

2023-7Delhi (19)

デリー駅近くのオールドデリーに多くの旅宿が隣接しています。

2023-7Delhi (20)

翌日は帰国日ですが、夜便でしたので昼はモスクや寺院に行ってみました。その模様は次回でポストしますので引き続きよろしくお願いいたします。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2023/09/21

羽田空港(HND)~インド・デリー向けハンドキャリー1

スタッフのSです。先日インド・デリー向けハンドキャリーがありましたので3回に分けてご紹介いたします。

製造業も脱中国が進み弊社でもインド向けハンドキャリーが増えてきたことは以前のブログでも記載しましたが、今回は名古屋からデリー向けのご依頼をいただきました。

契約いただいた当日に名古屋市内で製品をピックアップし、そのまま羽田空港近くのホテルに宿泊。

早朝7時に羽田空港に入り、税関申告を完了後に出国しました。

2023-7Delhi (1)

羽田‐デリーはJL39便 HND10:50‐16:05DEL 使用機材はB787-9です。

2023-7Delhi (2)

定刻に搭乗となりました。
この日のフライトは約7割ほどの搭乗率でインドの方が7割ほどです。

2023-7Delhi (3)

やはり日本の翼はストレスフリーで快適ですね。
巡航高度に達するとドリンクサービスと機内食が配られました。最近、機内食を撮影しなくなってしまいましたが、JALの機内食は本当に美味しいです。

2023-7Delhi (4)

インドへ向かう機内で観る映画と言えばRRR一択でしょう。ダンスが注目される映画ですが、内容は中々シビアな映画で色々と考えさせられます。

2023-7Delhi (5)

事務処理等をいているうちに約8時間半でデリー空港に着陸。
空港でカスタムアウト後に、現地日本人担当者さんとミートし、ダメージチェック後サインをいただき業務完了となりました。

ホテルはオールドデリーにブッキングしたので電車で向かいます。
人混みは中国で慣れているものの、チケットを買うまでが一苦労でした。

2023-7Delhi (6)

エアポートラインは社内も綺麗で快適にニューデリー駅に到着。

2023-7Delhi (7)

しかし、駅を降りるとザ・インドの光景です。

2023-7Delhi (8)

駅から歩いて行ける距離にホテルを予約したつもりでしたが、予想以上に遠く途中で歩くのを断念しオートリキシャで向かいました。

ホテルにチェックイン後、近くの食堂に入ります。

2023-7Delhi (9)

インドに来るとカレー三昧になるので、この日の晩はビリヤニとラッシーをいただきました。

2023-7Delhi (10)

この日はこのままホテルに戻り、寝ることにしました。翌日はオフでしたので市内を散策。その模様は次回にエントリーしたいと思います。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2023/09/04

中国・上海市~羽田空港向けハンドキャリー

スタッフのWです。9月に入りましたが引き続き沢山のオーダーをいただき各スタッフが各国へ渡航しております。

現在入国にビザ取得が必要な中国ですが、弊社では渡航可能なスタッフを複数名在籍しているため他社様では停止している中国関連のハンドキャリーも稼働しております。

先日も上海市から羽田空港向けハンドキャリーがありましたので、一例としてご紹介いたします。

上海・虹橋近辺で完成した製品を羽田空港までハンドキャリーして欲しいとのご依頼でしたので、ご契約後に早速チケットをブッキング。

2023-7Shanghai (1)

往路は吉祥航空 HO1336便 KIX 16:30-18:10 PVG 使用機材はA321です。
関西空港は酷い混雑でチェックインに1時間ほどかかりました。あとで気付いたのですがSFCメンバーであれば優先チェックインができるとのことです。

吉祥航空はLCCではありませんが、A321のシートピッチはかなり狭く長時間のフライトはかなりしんどいと思います。

2023-7Shanghai (2)

エコノミーでも機内食が出ます。

2023-7Shanghai (3)

関西はオーバーツーリズムですので、この日も機内は満席です。9割以上は中国人でした。

2023-7Shanghai (4)

約2時間半で上海浦東空港へ到着。いつもはリニアと地下鉄で虹橋地区へ行くのですが、この日はオール地下鉄で虹橋へ向かいました。地下鉄は1時間以上かかりますので、龍陽路まではリニアを利用することをお勧めいたします。

2023-7Shanghai (5)

ピックアップは翌日でしたので、この日は古北路近くの定宿へチェックインし、現地法人のスタッフと夕飯を食べてから就寝しました。

2023-7Shanghai (7)

翌日、ホテル近辺を散策しましたがコロナ前に比べると街全体がとてもきれいになったように感じます。

2023-7Shanghai (8)

夕方に市内で製品をピックアップし、DIDIタクシーで浦東空港へ向かいます。
現在中国では流しのタクシーは少なくなり、wechatかAlipayに紐づけされているライドシェアを利用しなければ移動が困難となっています。

2023-7Shanghai (10)

ピックアップ時間が早く、空港へは5時間前に到着。羽田まではピーチ航空の利用ですのでチェックイン前に刀削麺をいただきました。

2023-7Shanghai (11)

2023-7Shanghai (12)

チェックイン時間になりましたので、危険物非該当書類などを提出しチェックイン。

羽田行きは ピーチ航空 MM898便 PVG1:05-5:00 HND 使用機材はA320です。

2023-7Shanghai (13)

搭乗率は7割ほどでした。羽田空港までは2時間45分ほどのフライト時間で到着。

2023-7Shanghai (15)

入国審査及び輸入申告を完了し、空港内で荷受け担当者様へ引き渡し完了です。

このようにティスク渕上では他社様でストップしている中国関連のハンドキャリーも問題なく稼働しておりますので、お気軽にお問い合わせください!


365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2023/08/21

東京~台湾・新竹市向けハンドキャリー2

スタッフのAです。全国的に酷暑が続いていますが、お陰様で弊社スタッフは各国へ渡航しております。

今回も東京~台湾・新竹市向けハンドキャリー1の続きをエントリーいたします。

新竹で配送完了後に高鐵で台北まで戻り、定宿の台北駅近くのホテルに泊まりました。

2023-7TPE (9)

翌日は移動日でしたので、6時に起床後に地下鉄で雙連の朝市へ足をのばします。

ご存知の方も多いと思いますが、雙連で朝ご飯といえば私は鴉片粥の麺線です。私も時間があるときはここで朝食をいただきます。

2023-7TPE (18)

牡蠣・ホルモン・皮蛋が入った全部乗せをいただきました。円安もありコロナ前に比べると高く感じますね。

2023-7TPE (17)

その後はホテルに戻り、チェックアウトし桃園空港へ向かいます。
今回は基本料金を極力抑えるために帰国便は韓国・チェジュ島経由のLCCのティーウェイ航空を利用します。

2023-7TPE (19)

チェジュ島まではTW688便 TPE 14:30-17:35 CJU 使用機材はB737です。
1時間45分ほどでチェジュの港が見えてきました。

2023-7TPE (21)

チェジュは観光客もまばらで特に日本人はほとんど見かけることがありませんでした。レストランやショップもクローズしてる店が多く、ソウルと違いコロナの影響をまだ引きずっている感じがします。

2023-7TPE (22)

2023-7TPE (23)

トランジットが22時間ありましたので、この日は安宿に一泊し翌朝はホテル近くのABOUT COFFEEというオシャレカフェでブランチをいただき空港へ向かいます。

2023-7TPE (24)

やることも無かったので3時間前にチェジュ空港へ到着したものの、制限エリアには1時間半前からしか入れず、ベンチで事務処理をしながら時間を潰しました。

チェジュから帰国される方は早く空港に行かないことをお勧めいたします。

2023-7TPE (25)

このようにティスク渕上では日本全国から全世界向け、全世界から日本向け、第三国から第三国向けハンドキャリーを安心安全格安で実施しております! 緊急案件はお気軽にお問い合わせくださいませ!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝