fc2ブログ
2024/02/12

関西空港(KIX)~中国・深圳向けハンドキャリー

スタッフのTです。久しぶりの投稿となりますが、春節前に中華圏および東南アジア向けハンドキャリーのオーダーを多くいただき各スタッフが渡航しておりました。この場を借りてお礼申し上げます

さてそんな中、中国深圳向けハンドキャリーもありましたので簡単にご紹介いたします。

関西空港から深圳は深圳航空の直行便が就航していますが、時間的な問題と費用の関係から深圳へは香港経由が便利です。

今回は香港航空 HX603便 KIX8:25-11:25HKG でまずは香港へ向かいます。昨年リニューアルされた関西空港の免税店や飲食エリアは何度か利用しましたが、まだアウェイ感が拭えず落ち着きません。

ラウンジで朝食をいただいた後に定刻通りのボーディングとなりました。

202401深圳 (1)

使用機材はA320の3-3シートです。香港航空は一応FSCとされていますが、機内食は菓子パン1個だけでした。

香港空港到着後、深圳まではフェリーを利用します。費用的には一度香港に入り高鐵などの電車で入境したほうが安いのですが、関西空港で預け入れした貨物を香港でピックアップせず深圳までスルーできるのがフェリーの魅力です。

202401深圳 (2)

10分ほど遅れて香港空港を出航し約40分で深圳蛇口港へ到着しました。

深圳到着後、通関が不要な貨物でしたので深圳市内までタクシーで移動。現地荷受担当者様へ引渡し、受領書へサインをいただき業務は完了しました。

この日は深圳1泊でしたので、コロナ禍後初の老街へ出かけてみました。屋台通りは凄い人で歩くのも困難なほど賑わっています。
コロナ後に上海・北京・杭州と行きましたがどの町も街全体が綺麗になった気がします。これは他のスタッフも同様に感じているようです。

202401深圳 (3)

翌日は7時に起床。ホテルで朝食を食べた後DIDIで福田駅に向かい福田駅9:06発 香港西九龍行きの高鐵で香港へ向かいます。

202401深圳 (4)

現在、中国の高鐵チケットはパスポートと紐づけされているので、WEBで予約すればチケット無しでもパスポートのみで乗車できます。
改札では自動改札は利用できませんので、一番端にある人工改札をご利用ください。

202401深圳 (5)

約15分で香港西九龍駅に到着。関空行きのフライトは夕方ですので、旺角近辺を散策しました。

202401深圳 (6)

この日は生憎の雨でしたが、傘が必要なほどでもなくスーツケースを引きながら地下鉄1駅分を歩きました。

202401深圳 (7)

昼食は雨宿りで入ったフードコートでホルモン入り米線をいただきましたが、とても美味でした。
約800円、中国であれば約半額といったところでしょうか。

202401深圳 (8)

13時を過ぎたので、旺角からA21バスで香港空港へ向かいます。

202401深圳 (9)

この日は約50分で空港到着。相変わらず運転は荒く飛ばします。

202401深圳 (10)

復路便はHKG17:10-22:00KIX HX636便 使用機材は往路同様A320 約3時間半で関西空港へ着陸です。

このようにティスク渕上ではビザの問題で渡航が難しくなっている中国向けハンドキャリーも数多くの実績がございます。弊社はトランジットビザでの渡航は一切しておりませんのでご安心ください。
ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝

スポンサーサイト