fc2ブログ
2022/08/17

成田空港(NRT)~インドネシア・ジャカルタ(CGK)向けハンドキャリー1

スタッフのTedです。
相変わらず多くの中華圏ハンドキャリーへのお問い合わせをいただいております。しかし当分の間、渡航できる可能性は低いと思われます。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

そんな中、成田空港~ジャカルタ近郊向けハンドキャリーがありました。

弊社のクライアント様からご相談をいただいたのは約2週間前でした。「〇月〇日までジャカルタ郊外へ荷物を届けてほしい」とのことでしたので、極力お安くできる日程をご提案しご契約、ハンドキャリーの実行となりましたのでご紹介いたします。

航空需要の回復、燃油サーチャージの高騰で航空券が高止まりしている昨今ですが、今回は日本航空の直行便が比較的安くブッキングできました。

貨物を成田空港でピックアップし、輸出申告をしチェックインします。

2022-7Jakarta (1)

フライトはJL725便 成田空港(NRT)11:05-16:50スカルノハッタ空港(CGK)

成田空港も徐々に活気が戻ってきたような気がします。コロナ禍前に比べるとまだまだではありますが。

2022-7Jakarta (2)

制限エリア内も限られた店舗しか営業していないので、搭乗時刻まで時間を潰すのが大変です。

2022-7Jakarta (4)

定刻のボーディング時間となりましたので搭乗します。

2022-7Jakarta (3)

機材はB787でしたが、搭乗率は3割といったところでしょうか。

2022-7Jakarta (5)

7時間半ほどのフライト時間で少し早くスカルノハッタ空港に到着しました。

2022-7Jakarta (6)

ターミナル3に到着しましたが、降機から結構な距離を歩かされます。イミグレーション前にワクチン接種証明を見せるブースがあり、そこでチェックされるだけで以前のように入国できます。

時間帯によっては、イミグレーションが混みますので降機から1時間以上は見ておいたほうが良いでしょう。

2022-7Jakarta (7)

税関を出ると、ジャカルタ特有のムッとした空気が出迎えてくれました。お迎えの人もコロナ前に比べるとまだまだ少ないです。

2022-7Jakarta (8)

貨物の配送は翌日の朝でしたので、この日はGrabでジャカルタ市内のホテルに向かいます。

ターミナル3のGrab乗り場は税関を出て真っ直ぐ進んだ出口を出た建物の下(下の写真)にあります。車が到着すると、Grabの係員が名前を呼んでくれるので混雑しているもののスムーズに乗車できます。

2022-7Jakarta (9)

渋滞が酷いジャカルタですが、この日は1時間ほどでブロックMにあるホテルに到着。
この日はホテル近くで食事をし、翌日に備え早めに就寝しました。

翌日の模様は次回にエントリーしますので引き続きよろしくお願いいたします。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝