fc2ブログ
2017/10/23

関西空港~北京首都国際空港向けハンドキャリー

スタッフのTedです。

国慶節が終わってからも今までにないほどのオーダーをいただいております。小職も今月は3分の2を海外へ渡航している状況です。心よりお礼申し上げます。

10月は昨年も国慶節明けが繁忙期でしたのである程度予測はしていたものの、今年はその予測をはるか上回っておりますので、中々ブログのエントリーもできない状況でありますが、ブダペスト・深圳・ジャカルタ他、エントリー待ちのブログネタがあるので、随時アップしたいと思います。

さてそんな中、北京向けハンドキャリーがありましたのでご紹介いたします。

まずは関西空港で業務通関した貨物をもって出発階の中国国際航空カウンターへ。

税関職員に搭載許可のサインをもらいチェックインします。フライトは中国国際航空 CA928 KIX13:50-PEK16:25 機材はA320です。

2017-10Beijing (1)

機内食が出ますので、チキンライスをいただきました。タイ焼きのデザートが可愛いですね。国際航空も一昔前に比べたら味はかなり良くなりました。

2017-10Beijing (2)

順調にフライトし、北京首都国際空港にはほぼ定刻に着陸です。お約束の沖留めでしたので、バスに乗って移動し入国審査後に受託貨物をピックアップします。

北京空港は特に広く、空港内も電車で移動。イミグレーションも混んでると1時間近くかかることもありますので沖留めの時は特に急がないとバゲージクレームに着いた時にはもう貨物が出てきてしまってることもあります。(この場合、探すのに時間がかかりますので出来るだけ早く移動しております)

貨物をピックアップした後は、税関申告ゾーンで現地フォワーダーと待ち合せです。しかし中国人担当者に電話をすると、どこかで休憩中のようで30分も待たされました。中国人らしいといえばらしいのですが・・・

今回のクライアント様の指示はフォワーダー担当者に引渡しで完了でしたので、受領書のサインをもらい完了となりました。

2017-10Beijing (3)

空港からエアポートエクスプレスで移動し、ホテルにチェックインした時には雨も降ってましたので外はもう暗くなっていました。今回は複数人でのキャリーでしたので夕食は一緒にホテル近くのレストランへ。

麻婆豆腐やキクラゲの酢の物をいただきました。

2017-10Beijing (4)

上海カニもシーズンに入りましたので、何故か北京で上海カニをいただきます。

2017-10Beijing (5)

翌日は午後の帰国便でしたので、朝はホテルの近くを散策しましたが雨が強く、すぐにホテルに戻り帰り支度です。

2017-10Beijing (6)

エアポートエクスプレスで空港まで移動します。

2017-10Beijing (7)

只管まっすぐな線路のため運転手は眠そうです。

2017-10Beijing (8)

北京空港に到着。何度も北京は来ていますが、エアポートエクスプレスが一番便利ですね。中秋節も近かったので立派なオブジェが・・・

2017-10Beijing (9)

チェックイン後は、CAラウンジで昼食をいただきます。

2017-10Beijing (10)

帰国便は中国国際航空 CA161 PEK16:25-KIX20:30 使用機材は往路同様A320です。
ラウンジで昼食をいただいたので、迷いましたが勿体ないので機内食もいただきました。これでは一生痩せませんね。

2017-10Beijing (11)

このようにティスク渕上では税関が厳しいことで有名な中国本土へのハンドキャリーも年間数百回の実績があります。中国向けハンドキャリーも弊社までお気軽にお問い合わせください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝