fc2ブログ
2017/01/23

羽田空港~インドネシア・スラカルタ(ソロ)向けハンドキャリー2

スタッフのTです。春節を前に繁忙期に入っており、更新が遅くなりまして申し訳ございません。

今回も羽田空港~インドネシア・ソロ向けハンドキャリー1の続きをエントリーいたしますのでお付き合いください。

ジャカルタ・スカルノハッタ空港に到着し近くのホテルで1泊(早朝3時半時起きですが・・)し、4時丁度のシャトルバスで再度スカルノハッタ空港へ向かいます。

スカルノハッタ空港の新国内線ターミナルはとても綺麗ですが、まだあちらこちらで工事中です。

2016-12Solo (11)

国際線ターミナルと離れてるのも使い辛いかもしれません。
チェックイン後はガルーダインドネシアラウンジで朝食をいただきます。

2016-12Solo (12)

フードは中々充実しています。特にスープは絶品です。

2016-12Solo (13)

フライトはGA220 スカルノハッタ空港(CGK)5:35-スラカルタ空港(SOC)6:55
使用機材はB737 3-3シートです。

この日ジャカルタからソロに向かう人は少なく、搭乗率は2~3割でした。

2016-12Solo (15)

スカルノハッタ空港をほぼ定刻にドアクローズし、プッシュバックです。

2016-12Solo (16)

バンドンなどを眼下にし、約70分でスラカルタ空港(SOC)に着陸しました。

スラカルタ空港(SOC)はインドネシア独特の作りで南国ムード満載のローカル空港です。

2016-12Solo (17)

天気も良く、ジャカルタと変わらず外に出ると朝から湿気と暑さが襲ってきます。
最終配送先まではタクシーで移動です。タクシーカウンターで住所を見せるとそこで料金の支払いを済ませ、指定されるタクシーに乗車しますので、ジャカルタ空港のぼったくりタクシーとは違い安心ですね。

2016-12Solo (18)

約30分で、配送先に到着。ダメージチェック後、受領書にサインをいただき業務完了となりました。
そこからは、そのまま待機させていたタクシーで追加料金をはらい今回の宿泊先である「ソロ・パラゴンホテル」に向かいます。

2016-12Solo (19)

ソロは初めてでしたので、このホテルを予約したのですが、格安の割にプール・ジムも完備されショッピングモールも隣接されている良いホテルでした。

2016-12Solo (20)

部屋からソロ市内を一望できました。

2016-12Solo (21)

その後はホテルの周りを散策しましたが、特に見るところもありません。

2016-12Solo (22)

お腹もすいてきましたのでホテルの直ぐそばにあるインドネシア料理屋で昼食をいただくことにしました。

2016-12Solo (23)

パパイヤジュースとフライドチキンライスで約400円。味・雰囲気ともにも良く満足な昼食となりました。

2016-12Solo (24)

その後はホテルに戻り、ジムで汗を流した後に次回のハンドキャリー手続きのため部屋に閉じこもりこの日は完了です。
次回は帰国の模様をエントリーしますので引き続きお付き合いください。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝