FC2ブログ
2016/06/30

関西空港~中国・北京空港向けハンドキャリー2

関西空港~中国・北京空港向けハンドキャリー1の続きです。

今回は北京で業務完了した翌日、上海経由で代理店と打ち合わせ後の帰国となります。

北京首都国際空港から上海浦東空港まではZH1835(CAのコードシェア便のためCA機材のA330) 
PEK08:00-PVG10:15

2016-6北京 (12)

2-4-2シートです。

2016-6北京 (13)

国内線でしたが朝食がサーブされましたので、オムレツをチョイス。
約2時間で上海浦東空港へ着陸。このフライトは殆ど揺れず快適でした。

2016-6北京 (14)

浦東空港からはいつも利用する空港バス2号線で静安寺まで行き、定宿の虹梅路の嘉廷酒店まではタクシーで移動です。

このホテルは高騰を続ける上海のホテルの中でも比較的リーズナブルで古いですが、清掃は行き届いています。

2016-6北京 (15)

ホテルで休憩した後は、現地代理店と打ち合わせを兼ねての火鍋会食。
個人的には羊肉とキクラゲが大好きですので、大量に注文します。タレの調合はセルフになりますが、この調合が結構重要となるのです。

2016-6北京 (16)

この日は会食後、近所にあったローカルの足裏マッサージで疲れを癒しホテルへ帰りました。

2016-6北京 (17)

翌日は正午にホテルをチェックアウトし、近所を散策した後空港へ。

スターアライアンスプライオリティカウンターでチェックインし、そのままラウンジへ向かいます。

2016-6北京 (18)

上海浦東空港第一ターミナルの東方航空ラウンジはかなり質素でフードもイマイチなのですが、この第2ターミナルの国際空港ラウンジは綺麗でフード、ドリンクともに中々のものでした。

2016-6北京 (19)

先日見た中国航空新聞によると上海浦東空港の5月度定時運行遵守率は30%とのことで、ディレイは毎度のことですが、この日は奇跡的にほぼ定刻にドアクローズしました。
まあ、国内線のディレイより国際線のほうがマシではありますが・・・

使用機材はA321 3-3シートです。 中国~関西空港への機材は殆どA320ですね。
フライトはそこそこ揺れましたが、ほぼ定刻の20:40に到着しました。

2016-6北京 (22)

このようにティスク渕上では、お客様のオーダーに対しフルサービスを徹底しており、空港渡しで完了ではなく世界中Door to Doorを可能にしておりますので緊急の際はお気軽にお問い合わせください。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト