fc2ブログ
2015/08/17

関西空港~中国・大連向けハンドキャリー

関西スタッフのKです。

今回は前日夜に依頼を受け、翌日の昼便にて大連に向かうことになりました。
当日依頼者様の指定場所にて9:00に貨物をピックアップし、関西空港に向かいました。

私は関西空港に向かう際には極力JRは避けております。
関西空港行きの阪和線はよく遅れるんです。
と言うわけで今回も南海電車のラピートに乗車しました。
ラピートも乗車券とセットで購入するとプラス210円で乗れるのでセットがオススメです。
因みにラピートの特急券単体ではプラス510円です。

関西空港空港到着は10:37。
搭乗の大連行きは12:25発のため2時間を切っていました。

仕事の際は遅くとも2時間30分前までに空港に到着しておきたいので、やはり貨物ピックアップの時間をもっと早めに調整して頂くべきでした。
特に中国行きの便は搭乗者の預け荷物が多いこともあり、チェックインに時間がかかります。
今回も恐ろしい列が出来ていました。
スターアライアンスならゴールドを持っているのでこんな長蛇の列に並ばなくてもいいのですが、今回は残念ながら違うため、エコノミーに並びます。。

先にwifiのレンタルを済まし、再度チェックインカウンターに戻りチェックイン完了。
その間に知らない番号から3件も着信があり、折り返すとレンタルしたwifiの受付からで間違えて個人情報のリストを渡したとのこと。
wifi本体以外はトランクにしまい込んでいたため、確認して折り返すと伝えました。
荷物を開けられる場所を探し、書類を確認して電話をしようと思った矢先、全体の放送で呼び出されました。

自分の会社のミスで迷惑をかけておいてなんと言う対応かと開いた口が塞がりませんでした。
個人情報の取扱いもその後の対応も考えされられました。

そんな事に10分程とられ、急いで手荷物検査を受け、税関で簡易申告をしました。
•••が、中身を確認したいと言われ、時間がないのに運が悪いな、と思いました。
特に問題はなく、イミグレでは自動化ゲートを使えるよう登録しているので後はスムーズでした。

2015-8大連 (1)

大連にはほぼ定刻に到着し、無事貨物の受け渡しが完了致しました。

中国ではLINE等のSNS、Googleのサービスが使えないはずですが、時間•場所に依るものか滞在中4割方使えました。しかし帰国後次の渡航に備え、VPNの設定をしました。

さて、大連から関空へ戻る便は朝早かったので空港から車で20分程のホテルを予約しましたが、タクシー乗り場で軒並み乗車拒否されました。
私は少しだけ中国語が話せるのですが、やっぱり面倒なんでしょうかね。
相乗りをしているタクシーもあったので1人で乗せると歩がわるいのか。
メーターの2倍〜7倍の金額を言われました。

乗車拒否を見兼ねた警察がタクシーの運転手を怒って、言い争いになっていました。
有り難いけどそのタクシー乗りたくないな、と思ってると警察が私を呼ぶ隙に逃げられ、後続のタクシーに乗り無事ホテルへ到着しました。

ホテルの部屋に入ると掃除済なんですがスイカのタネがいっぱい落ちていました。やっぱり中国ですね。。

ところで中国はスイカがとっても安いんです。なかなか美味しいですよ。
じゃーん!

2015-8大連 (2)

500gで1.5元なので5kgとして7.5元。
1000円両替して48.3元くらいなので150円くらいかな?
機会があれば是非一度ご賞味下さい。

あとは

2015-8大連 (3)

2015-8大連 (4)

なぜか脈絡のないオマケが付くんですよね。中国に限らずですが。
要らないですね。笑

写真を撮り忘れてしまって申し訳ないんですが、帰りの飛行機では行きと全く同じ機内食で驚きました。
全く同じは見たことがありません。
普通日本発は日本で、現地発は現地で作ってる筈なんですがどうしてるんでしょう、中国南方航空。
不思議ですね、中国でまとめて積んでいるのか日本でも中国の食材を輸入して作っているのか。

関空に到着後、レンタルしたwifiの返却と領収書の発行のため窓口に行ったら、またです。
受付のカウンターのミスで領収書が用意されていないとのこと。
もぅ、酷いですね。

後は気分を取り直して、おきまりのお蕎麦を食べ、大好きな関空をうろついて帰路につきました。

このようにTiskグループでは、中国向けハンドキャリーも数多くの経験と実績があります。中国向け・中国発のハンドキャリーもTiskグループにお任せください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝