fc2ブログ
2015/02/05

中国・珠海市~タイ・バンコク向けハンドキャリー2

中国・珠海市~タイ・バンコク向けハンドキャリー1の続きです。

珠海駅から広州空港へ2時間10分という驚異的なスピードで飛ばしてくれたドライバーにお別れを言い、そのままセキュリティエリアに向かいますがこの段階で出発1時間10分前でした。
(ホーチミン空港で広州白雲空港~バンコク・スワンナプーム空港の搭乗券は発券していたのも助かりました。)

2015-01Guanzhou-Bankok (7)

CAN19:40-BKK21:50 中国南方航空 CZ361 機材はB737-800 3-3シートです。

2015-01Guanzhou-Bankok (10)

中国のハブ空港はディレイが多いのですが珍しいことにこの日はオンタイムでの出発でした。

2015-01Guanzhou-Bankok (11)

隣のスポットには広州空港をハブ空港とするCZのA380が駐機しています。広州から北京、上海(虹橋)へと国内便でA380を運航していますね。

2015-01Guanzhou-Bankok (12)

私はいつものように非常口の座席を予約しました。足が伸ばせるのはやはり重要なポイントです。裏技ですが、非常口のシートは保安上ギリギリまで空席のケースが多いので遅めにチェックインしても、座れる場合が多いです。

2015-01Guanzhou-Bankok (13)

食事は鶏肉ご飯をチョイス。味はまたもやマズマズといったところでしょうか。

約3時間のフライトでバンコク・スワンナプーム空港へ到着。
空港からはエアポートリンクで市内まで移動しです。指定配送先であるホテルで日本人担当者様とミート。

2015-01Guanzhou-Bankok (14)

ダメージチェックの後、受領書にサインをいただき業務完了となりました。
この時点で23時過ぎですがこの日は時間が無く、ホテルのブッキングもできてませんでしたので定宿に移動し近くの日本料理屋で食事をして就寝となりました。

2015-01Guanzhou-Bankok (16)

帰国便は翌日の夜便でしたので、起床後はホテルで朝食をいただきジムで汗を流した後アソークに移動。
ターミナル21でウィインドーショッピングした後、近くのスタバで事務処理をしていました。

やはりバンコクは都会ですね。この1年で3回目ですが、バンコクはホーチミンには売っていないものも多いので生活用品で足りないものが買えてとても助かります。

2015-01Guanzhou-Bankok (18)

市内から空港まではエアポートリンクで約30分で到着。
スワンナプーム空港はとても広く、レストラン等も充実しているので、早めに到着しても時間を潰すことができます。

2015-01Guanzhou-Bankok (17)

ホーチミンへの帰国便はベトナム航空 VN602 機材はA321 3-3シートです。

2015-01Guanzhou-Bankok (19)

実質1時間強のフライトですので、機内食は軽食のみ。
この日の便もほぼオンタイムでホーチミン・タンソンニャット空港へ到着しました。

2015-01Guanzhou-Bankok (20)

このようにTISK VIETNAMでは第3国から第3国へのハンドキャリーも承っております。日本からキャリアを向かわせていたら間に合わない案件もASEANの真ん中ホーチミンに拠点がある弊社であれば、解決できる案件もありますのでお気軽にお問い合わせください。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝