fc2ブログ
2013/12/24

成田空港~メキシコ・アグアスカリエンテス向けハンドキャリー

ハンドキャリースタッフのOです。

先日、メキシコ向けハンドキャリーがありましたのでご紹介いたします。

客先はアグアスカリエンテス。まずは成田国際空港で荷受けし税関にて輸出通関後、
アエロメヒコ航空カウンターでチェックイン。

AM057便でメキシコシティへ向かいます。

メキシコ1 (1)

ディレイもなく定刻通りの離陸です。

約13時間後、メキシコシティに到着。→まずはバゲッジクレームにて貨物をピックアプし
ダメージチェック。→その後空港内の税関にて各申請書類を提出。→職員の検品後課税料金が確定。
→料金を支払い無事に通関手続きを終えます。

メキシコ1 (2)

メキシコ1 (3)

↑カートは有料です。

その後、国内線に乗継ぎ目的地へ向かいます。

メキシコ1 (4)

メキシコ1 (5)

目的地のアグアスカリエンテスに到着後、お客様とミート。ダメージチェック、
書類の確認後受領書にサインをいただき引き渡し完了です。

その後はタクシーで市内のホテルに向かいます。

翌日は午前に時差ボケを調節し、午後から事務処理を済ませた後夕食をとりました。

アグアスカリエンテスはメキシコのなかでも比較的治安がいい都市の一つです。
植民地時代に建築された教会から、国立競技場などの近代的な施設まで、その建物の一つ一つからメキシコのルーツを感じ取る事ができます。

メキシコ1 (6)

メキシコ1 (7)

メキシコ1 (8)

帰りは行きと同様、メキシコシティ経由で日本へ帰国しました。


弊社はメキシコへのハンドキャリーも多数実績があり、申請書類等の不備による遅延などは過去に一度もございません。

メキシコへのハンドキャリーも信頼と実績のTISK渕上にお任せ下さい。


365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝