FC2ブログ
2012/10/15

サンフランシスコ向けハンドキャリー1

KIX-SFO

アメリカ・サンフランシスコ向けハンドキャリーがありましたのでご紹介いたします。

前日に御新規のクライアント様からお電話があり、「明日中にサンフランシスコへ届けてほしい」との事でしたので翌日の関西空港17時発UA886便で料金をご提示したところ、即決していただきました。

通関に必要な書類をメールでいただき、翌日弊社の軽貨物運送事業で集荷後、荷物と共に関空へ。

UAのカウンターで税関職員を呼んでもらい、20分程で輸出許可が出ました。荷物はフラジール&ONTOPを伝え機内へ受託します。

約11時間のフライトで、サンフランシスコへ到着。

課税ゾーンへ行き、TAXを支払った後、出口で荷受人様に荷物をお渡しし、ダメージチェック後サインをいただき業務完了となりました。

※ここまでの画像はカメラの調子が悪く撮影できませんでした。

2012-10sanfrancisco (2)

ホテルは市内に予約していたので、BARTで移動です。このBART、チケットの購入方法が一寸難しく、最初はとまどいます。

1.行き先までの金額を探してから、クレジットカードもしくは現金を入れます。
2.画面表示の金額を増減させて、該当金額になったらOKします。

これが中々面倒で、もう少し簡単な方法は無かったのかと思ってしまいます。

2012-10sanfrancisco (5)

帰国便は翌朝でしたので早速サンフランシスコ市内へ。

2012-10sanfrancisco (3)

この時期のサンフランシスコは肌寒く、上着が必要です。

2012-10sanfrancisco (4)

市内を軽く散策した後は、ホテルに帰り早めの就寝となりました。

続きは次回で・・・


ハンドキャリースタッフ K



365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村