FC2ブログ
2019/04/23

関西空港~中国・南京向けハンドキャリー2

スタッフのHです。関西空港~中国・南京向けハンドキャリー1の続きです。

浦東空港で大連空港行の航空機にチェックインします。
PVG 11:00 - DLC 12:55

2019-3nanjing (25)

搭乗率は97%です。

2019-3nanjing (26)

定刻より少し遅れて大連に到着しました。

2019-3nanjing (27)

空港から地下鉄でホテルに向かいました。
大連も人口約600万人の大都会です。
写真は中山広場です。周りに日本統治時代の建築物が残っています。

2019-3nanjing (28)

中山広場から少し歩くと旧南満州鉄道関連の建物群があります。

2019-3nanjing (29)

2019-3nanjing (30)

2019-3nanjing (31)

2019-3nanjing (32)

路面電車に乗り旧ロシア人街にある旧東清鉄道汽船本社にやってきました。

2019-3nanjing (33)

奥の建物は、旧日本橋郵便局です。

2019-3nanjing (34)

奥の建物は、旧日本橋郵便局です。

2019-3nanjing (35)

旧日本人街を訪問しました。

2019-3nanjing (36)

2019-3nanjing (37)

これほど戦前の日本の建物が集中して現存していることに驚きを覚えました。
この地区も周りは高層ビルに取り囲まれており、取り崩され再開発されであろう前に訪問できて良かったです。

2019-3nanjing (43)

旧三越百貨店

2019-3nanjing (44)

バスで中山広場に戻ってきました。
手前は、旧大連市役所
奥は旧ヤマトホテル

2019-3nanjing (45)

この後はホテルに戻り夕食は、海鮮を食べました。

2019-3nanjing (49)

帰国の模様は次回でエントリーいたしますので引き続き当ブログにお付き合いください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝

スポンサーサイト
2019/04/16

関西空港~中国・南京向けハンドキャリー1

スタッフのHです。春になるとなんだかうきうきしますね。お陰様で北米・メキシコ向けハンドキャリーのご依頼が多く、うれしい時差ボケが続いております。

そんな中先日、南京へのハンドキャリーがありましたのでレポートしたいと思います。
今回航空券の関係で、南京2泊、復路大連1泊の出張になりました。

当日は関西空港で弊社ドライバーより貨物を受け取り、通関手続き及びチェックインを行いました。

まず上海までのフライトは MU226 KIX 13:10-PVG 14:55です。搭乗率は80%程度です。

あっという間に上海に到着し、高鉄で南京へ向かうためタクシーで虹橋駅まで移動します。
あいにくの雨模様のなか虹橋駅に到着しました。

2019-3nanjing (1)

駅は人でごったがえしています。セキュリティーチェックを受け切符を買うまで20分かかりそこから出発までさらに90分かかりました。
中国の鉄道乗車は、空港で航空機に乗る感覚です。

2019-3nanjing (2)

夕食は食堂車に食べに行きましたが、昔の日本の食堂車のように厨房で調理するのではなく弁当をレンジで温めるだけでした。

2019-3nanjing (3)

定刻に南京南駅に到着し、タクシーでお客様の元へ移動。貨物を渡したのち本社へ完了報告を行い無事業務終了です。

翌日の南京市内です。古都南京は人口600万人を超える大都会です。

2019-3nanjing (5)

朝食後、孫文の陵墓である中山陵へ出かけます。

2019-3nanjing (7)

2019-3nanjing (8)

中国は建築物にしろ駅にしろ、とにかくスケールが大きいです。

2019-3nanjing (9)

続いて中国近代史博物館である総統府を訪問しました。

2019-3nanjing (11)

2019-3nanjing (12)

2019-3nanjing (13)

2019-3nanjing (14)

夕食はホテルで食べました。

2019-3nanjing (19)

翌日は南京から上海を経由して大連まで移動です。
早朝にホテルからタクシーで南京南駅に向かいます。ここも大変スケールの大きい駅です。

2019-3nanjing (20)

2019-3nanjing (21)

車内は日本の新幹線によく似ています。

2019-3nanjing (22)

上海虹橋駅に到着後バスで浦東空港へ移動します。

2019-3nanjing (23)

浦東空港へのバスはガラガラでした。

2019-3nanjing (24)

上海から大連への移動と大連での模様は次回でエントリーいたしますので引き続き当ブログをご覧ください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝

2019/02/14

中国・恵州市~大阪向けハンドキャリー2

スタッフのMです。今回は中国・恵州市~大阪向けハンドキャリー1の続きをエントリーいたします。最後までお付き合いください。

深圳2日目の朝は高鐵で恵州に向かいます。

中国新幹線(高鐵)の駅は市内から離れていることが多く、ここ深圳も例外ではありません。私は南山に宿泊していましたが深圳北駅までは地下鉄で40分ほどの移動となります。

まだ春節までは1週間以上ありましたが、前回のブログの中でご紹介した新聞のニュース通り、今年は帰省のスタートが早いようです。

深圳北駅は朝からこの混雑です。

2019-1Huzhou (6)

外国人が中国の高鐵で切符を買うときはパスポートが必要ですのでご注意ください。
今回は渡航前に空席状況をTrip.comで調べたところ空席が少なかったため、そのまま予約しておいて正解でした。

Trip.comは手数料がかかりますが、仕事上時間通りに移動しなければいけない場合には必須です。特に高鐵のチケット窓口は購入に1時間かかることも珍しくありません。

高鐵の車内です。最近は予約した席に他人が座っているなんてことも少なくなってきました。田舎ではまだまだ多いと聞きますが・・・

2019-1Huzhou (7)

恵州南駅に到着後、タクシーで50分ほどの法人様へ貨物のピックアップへ向かいます。

2019-1Huzhou (8)

運転手は裸足です。昔の中国を思い出します。

2019-1Huzhou (9)

オンタイムで集荷先に到着。すぐに高鐵で深圳市内へ戻ります。

深圳のビル群です。深圳は中国のシリコンバレーといわれているだけにIT関係の会社の広告、ビルが多く人口は1,300万人。中国の景気減退が報じられている中、まだまだ伸びているのがここ深圳です。

2019-1Huzhou (10)

夜はホテル近くの食堂で夕食をいただきました。鳥の足と頭が原型を保っていますが味は最高でした。

2019-1Huzhou (11)

中国ではシェア自転車がブームとなっていましたが、それも過去の話。今では町のあちらこちらに自転車の墓場があります。
とても便利で私もよく利用していましたが、近い将来こうなることは誰もが予測できていたと思います。

2019-1Huzhou (12)

翌日は5時に起床し、ホテルからタクシーで深圳空港へ移動。国際線はまだ春節の影響が少なく、イミグレーション、保安検査ともにガラガラでした。深圳に来た中でも一番早く出国できたと思います。

2019-1Huzhou (13)


帰国便は深圳航空 ZH9059 SZX9:50‐14:10KIX 

出国後にスターアライアンスゴールドメンバーが使用できる、KING LOUNGEで朝食をいただきました。

2019-1Huzhou (14)

機内では朝食が出ましたが、炒飯の味はイマイチでした。

2019-1Huzhou (15)

関西空港までは3時間20分のフライトで到着。その後、輸入通関を終え弊社の軽貨物車で大阪府内のクライアント様へ配送完了。

「こんなに早く持ってきてもらえるとは思いませんでした」とのお言葉をいただきました。

このようにティスク渕上では、海外~日本向けのハンドキャリーも多くの経験と実績がございます。もう間に合わないとあきらめる前にご連絡お待ちしております!


365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2019/02/07

中国・恵州市~大阪向けハンドキャリー 1

スタッフのMです。

中華圏での春節真っ只中ですが、お陰様で弊社では春節前から春節中は超繁忙期となっており春節後のオーダーもすでに沢山いただいております。この場をお借りしてお礼申し上げます。

そんな中、小職も春節前に中国の広東省・恵州市へ行って来ましたのでご紹介いたします。

今回は恵州市から大阪の某法人様へのハンドキャリーでした。取り急ぎオーダーをいただいた翌日に深圳に入ります。

2019-1Huzhou (0)

往路は深圳航空 ZH9060 KIX15:10‐18:40SZX。
スターアライアンスゴールドメンバーですのでビジネスクラスレーンでチェックインします。

セキュリティチェックから出国審査を終え、エアサイドラウンジへ向かいます。このラウンジは午前に出発するKLMやAIR FRANCEなどスカイチームエリートメンバーが利用することが多く、この時間帯はガラガラです。インスタントですがここのカニ雑炊は美味しいです。

2019-1Huzhou (1)

関西空港ではスターアライアンスゴールドメンバーでも「さくらラウンジ」や今回のように「エアサイドラウンジ」を指定されることが少なくありません。搭乗口の関係で近いラウンジを優先的に案内されていると思います。

機内に日本の新聞がありませんでしたので、Shenzhen Dairyを見ると1面にすでに春節のラッシュが始まっているとの記事がありました。

2019-1Huzhou (2)

翌日の朝に深圳から恵州まで高鐵で移動予定でしたので、事前にTrip.comで予約しておいて良かったと安堵です。
Trip.comは特に中国に強い旅行予約サイトで、以前はCtripという名前でした。中国内の航空券、ホテル、鉄道はこちらで予約するのがお勧めです。

2019-1Huzhou (3)

ドリンクはブラックコーヒーを。

2019-1Huzhou (4)

機内食はチキンを選択したところ、親子丼でした。日本初のフライトは中華系航空会社でも以前に比べると美味しくなりました。

4時間20分ほどでほぼ定刻通りに深圳宝安国際空港へ到着です。機内持ち込みのカバンだけでしたので、ガラガラのイミグレで入国しタクシー乗り場まで約20分で到着。今までの最短記録です。

2019-1Huzhou (5)

深圳市は中国のシリコンバレーと呼ばれるIT都市です。タクシーはほぼBYD製の電気自動車。環境にやさしく、乗り心地も良いです。

この日はそのままホテルにチェックインし深圳の友人と夕食に出かけました。

翌日は恵州に向かいましたので、その模様は次回でエントリーしたいと思います。引き続きお付き合いください。


365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2018/12/12

関西空港~上海向けハンドキャリー

スタッフのDです。

月日が経つのは早いもので、今年もあと残すところわずかとなりました。

少し間が空いてしまい申し訳ありません。
この間、メキシコ、インドネシア、カンボジア他沢山のオーダーをいただきましたが、エントリーする時間が中々ありませんでしたので追って他のブログもアップしてまいります。

さてそんな中、関西空港より上海へのハンドキャリーが御座いましたので紹介させていただきます。
上海は年間100回以上のキャリーがあるので当ブログではその中でも数回しかエントリーしておりません。

当日は関西空港にて荷物を受け取り、通関手続きは完了しておりましたのでそのままチェックインを行いました。

2018-12Shanghai (1)

上海までのフライトは、CA164 KIX9:15-PVG11:10

2018-12Shanghai (2)

機内食は、すき焼きを頂きました。

2018-12Shanghai (3)

当機の搭乗率は、約65%でした。

2018-12Shanghai (4)

上海浦東空港には定刻より20分早く到着しましたが、あいにくの雨の様でした。

2018-12Shanghai (5)

中国入国後、税関に貨物をボンドしお客様に税関でもらった預かり証を渡し無事業務完了となりました。

地下鉄で、上海市内へ向かいホテルにチェックイン。

2018-12Shanghai (6)

近くの上海老街を散策します。

2018-12Shanghai (7)

2018-12Shanghai (8)

2018-12Shanghai (9)

2018-12Shanghai (10)

2018-12Shanghai (11)

2018-12Shanghai (12)

雨の中、黄浦江まで歩きました。渡し船がありましたので川向の浦東側へ往復してみました。

2018-12Shanghai (13)

ホテルに戻り、夕食をとります。

2018-12Shanghai (15)

夕食後は、南京東路を少しぶらりとしましたが、あいにくの雨模様でしたのですぐにホテルに戻り早めに就寝しました。

2018-12Shanghai (16)

翌日は帰国時間となりましたので、地下鉄で空港へ向かいました。

2018-12Shanghai (19)

帰路は、CA163 PVG17:30-KIX20:30 搭乗率は、60%程度です。

2018-12Shanghai (20)

2018-12Shanghai (21)

夕食は、焼きそばを頂きました。

2018-12Shanghai (22)

定刻より10分遅れで関西空港に到着しました。

このように、ティスク渕上では中国向けハンドキャリーは設立以来、数多くの実績と経験がございます。
どんなことでも結構ですので、どうぞお気軽にお問合せ下さいますようお願いいたします。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝