FC2ブログ
2019/09/20

成田空港~インドネシア・ジャカルタ向けハンドキャリー

スタッフのNICOLEです。

先日、成田空港からインドネシア・ジャカルタ向けハンドキャリーがありましたのでご紹介いたします。

今回は成田空港で貨物をピックアップ、無事チェックイン後ラウンジへ向かいメールの確認、追加書類のプリントアウト等を行いながら搭乗時間まで過ごしました。

ジャカルタまではANA NH835便 NRT17:55‐CGK23:50 で向かいます。

2019-8jakarta (1)

台風の影響で高知から宮崎にかけて結構揺れました。

2019-8jakarta (2)

ジャカルタには定刻に到着。

2019-8jakarta (3)

貨物をピックアップ後担当者とミート、通関手続きを行い無事業務完了となりました。
本社にメールを送り、空港の外に出ると日本より涼しい事にビックリ、タクシーでホテルに向かいます。

2019-8jakarta (4)

この日はホテル到着が深夜でしたのでシャワーを浴びて早々に就寝いたしました。

翌朝は8:00AMに起床 ホテルで朝食を済ませてから 部屋で書類整理を行い、午後からマッサージに行き、今年3月に開通したばかりの ジャカルタの中心部を走る地下鉄MRT((第1期南北線)に乗車してBLOCK M から Bundaran H.I まで行きました。

新しいだけに階段付近も清掃がされ綺麗に整備されています。

2019-8jakarta (5)

2019-8jakarta (6)

7日間利用が可能な Single Trip を購入。

2019-8jakarta (7)

改札を通り乗車 

2019-8jakarta (8)

2019-8jakarta (9)

車内もエアコンが効き快適です。

2019-8jakarta (10)

約20分で目的の駅に到着。

まだ全線開通ではないですが構想から30年を経てようやくジャカルタにMRTが開通しました。

久しぶりに来ましたが鉄道以外にも駅周辺、地上歩道区間の整備も同時進行され目に見えてジャカルタの街が綺麗になっているのが実感できました
今後全線開通し駅周辺や街の整備がより進み、利便性が向上し車の渋滞緩和につながることを期待したいと思います。

Bundaran H.I より1kmほど歩きジャクサ通の屋台街を散策。

2019-8jakarta (11)

途中屋台でサティを食べながら休憩。

2019-8jakarta (12)

2019-8jakarta (13)

暫く周辺を歩いてから再びMRTに乗ってホテルに帰り就寝いたしました。

2019-8jakarta (14)

翌朝は早朝3時にチェックアウト、タクシーで空港に向かいます。

2019-8jakarta (15)

帰りのフライトはANA NH836便 CGK6:15‐NRT15:50 で向かいます。

2019-8jakarta (16)

この日は成田発折り返しの便が台風の影響で到着が遅れ2時間のディレイ。
ラウンジから搭乗口へ向かうと軽食と飲み物が用意されていました。

成田には定刻より1時間40分遅れの18:30に無事到着しました
このようにティスク渕上ではインドネシア向けハンドキャリーも数多くの経験と実績がございます。 インドネシア向けも弊社にお任せください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト



2018/04/24

関西空港~インドネシア・ジャカルタ向けハンドキャリー2

スタッフのTedです。少し間が空いてしましましたが、関西空港~インドネシア・ジャカルタ向けハンドキャリー1の続きです。

スラバヤマーケットの後はトランスジャカルタで東南アジアで一番大きなモスクで有名なイスティクラルモスクへ。

ジャカルタは年に何度も来ますので、何年か前にも一度訪れましたが観光地の少ないジャカルタですので今回は時間を潰しに再訪です。

ムスリムでなくても見学はできますが、基本的に短パンでは入れません。入り口で受付をし、説明を受けた後にモスク内に入れます。
2016-4Jakarta (15)

1階の礼拝堂には入ることはできませんのでご注意ください。2階からの見学となります。

2016-4Jakarta (16)

トランスジャカルタで到着すると最寄りの裏口に着きますがそこからは入れませんので、ご注意ください。

2016-4Jakarta (17)

モスク見学の後は、またトランスジャカルタに乗りコタ地区へ。
この自転車は広場内だけ乗車できるのですが、インドネシア人の観光客は何が楽しいのか結構乗ってます。今流行りのインスタ映えする色合いではありますが・・・

2016-4Jakarta (19)

この日は疲れましたのでこの後はブロックMのホテルに戻り、事務処理の後近くの屋台で食事をいただきました。

翌日、空港まではブロックMからスカルノハッタ空港までバスで向かいます。

2016-4Jakarta (20)

ジャカルタは市内の渋滞が酷いので有名なのですが、特に夕方の渋滞は酷く普段なら1時間で着く道が2時間以上かかることも。
この日もフライトの5時間前にはブロックMを出て空港に着いたのは2時間半前でした。

2016-4Jakarta (21)

スカルノハッタ空港ではスカイチームエリートは出国時にプライオリティレーンを使用できます。

2016-4Jakarta (22)

ジャカルタ・スカルノハッタ(CGK)から関西空港(KIX)まではガルーダインドネシア航空GA888便 CGK23:20-08:15KIX 使用機材は往路同様A330-300です。

2016-4Jakarta (23)

深夜便ですので機内食は関空到着2時間前に朝食がサーブされます。この日は和食をチョイスしました。

2016-4Jakarta (24)

2016-4Jakarta (25)

ほぼ定刻に関空へ到着。

関空にはUSD ユーロ 中国元 韓国ウォンの小銭を電子マネーにチャージできる機械がありますので、出張で貯まった小銭を両替しました。

2016-4Jakarta (26)

このようにティスク渕上ではインドネシア向けハンドキャリーも数多くの実績があります。
ジャカルタを含めASEAN向けハンドキャリーもお気軽にお問い合わせください。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2018/04/13

関西空港~インドネシア・ジャカルタ向けハンドキャリー1

スタッフのTedです。4月は欧米向けハンドキャリーが多く各スタッフが渡航しております。

そんな中、ジャカルタ向けハンドキャリーがありましたのでご紹介いたします。インドネシア向けハンドキャリーは自動車関係、アパレル、精密機械など色々な業界からご依頼があり弊社では毎月複数のハンドキャリーがあります。

今回は前日に初めてお電話でお問い合わせをいただいたクライアント様からのご依頼となりました。

関空からジャカルタの直行便はガルーダインドネシア航空 GA889便 1便のみとなりますが、空席を確認し基本料金をご提示したところ即決いただきご契約となりました。

翌日、貨物は関西空港で荷受けしそのまま通関へ。税関に搭載許可を取得後にチェックイン、出国となります。

2016-4Jakarta (2)

ラウンジで朝食をいただいた後にボーディングです。

GA889便 KIX12:00-17:05CGK 機材はA330-300です。

離陸後、巡航高度でドリンクサービスと機内食が配られます。この日はチキンを選択したところチキンカツ丼でした。

2016-4Jakarta (3)

2016-4Jakarta (4)

フライトは順調で、20分ほど早くスカルノハッタ空港に到着。

渡航目的はビジネスですのでイミグレーション前にあるアライバルビザを35USDで購入し入国しました。

2016-4Jakarta (5)

カスタムアウト後は荷物が多かったのでタクシーでジャカルタ市内のホテルにチェックイン。ご指定配送時間は翌日の朝一でしたので、この日はそのままホテルで事務処理をし早めに就寝しました。

2016-4Jakarta (7)

翌日は5時に起床。ジャカルタではブルーバードタクシーが最も安心できるタクシーとなりますのでレセプションに呼んでもらい配送へ。

約2時間半でご指定配送先へ到着し、ご担当者様にダメージチェック後サインをいただき業務完了となりました。復路はジャカルタ名物の渋滞に嵌り3時間以上かけて市内のホテルまで戻ります。

一度ブロックMにあるホテルに戻り、ブロックMにあるバスターミナルでトランスジャカルタのチケットを購入。ジャカルタは電車がとても不便ですのでこのトランスジャカルタ(バス)が便利です。

2016-4Jakarta (11)

チケットは40,000IDRで購入し足りなくなったらチャージができます。(現金では乗車できません)

2016-4Jakarta (12)

道路にはトランスジャカルタ専用レーンがありますので、渋滞が酷いジャカルタでも比較的スムーズに移動することができます。

2016-4Jakarta (13)

午後からは時間がありましたのでスラバヤマーケットへ。私自身ジャカルタは何度も行ってますので特に見たい場所もないのですが、5年ぶりに行ってみました。

観光名所が少ないジャカルタの中ではこれでも観光地といえるのかと思うのですが、休日には観光バスが停まってるようです。

2016-4Jakarta (8)

この日は平日の昼間でしたので観光客は全くいませんでしたが、お陰で骨董品などゆっくり見ることができました。

2016-4Jakarta (9)

日本の古銭や昔のレコード、アンプ・スピーカーなども売ってますので、お宝探しが好きな方は楽しめると思います。

途中、お腹も空きましたので屋台でNASI AYAMをいただきました。これで18,000ルピア(約180円)です。

2016-4Jakarta (10)

この後は時間もありましたので、久しぶりにあのモスクにも行ってきました。その模様は次回でエントリーしたいと思いますので引き続き当ブログをご覧ください!


365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2017/09/14

羽田空港~インドネシア・ジャカルタ向けハンドキャリー2

スタッフのSです。今回は羽田空港~インドネシア・ジャカルタ向けハンドキャリー1の続きをエントリー致します。

ハンドキャリー業務が完了した翌日の朝です。10回以上来ているジャカルタで何故か一度も行っていないコタ地区にいこうと決断。

早速Uberを呼んで8時にホテルを出て向かいました。

まずはファタヒラ広場へ・・・

2017-9Jakarta (11)

「ジャカルタは観光するところが無い」と駐在員をはじめ多くの人が言っている意味がよくわかりました。
まだ時間も早かったので広場はガラガラでしたが、土日は多くの観光客で賑わうようです。

2017-9Jakarta (12)

2017-9Jakarta (13)

写真のようなカラフルな自転車をどこに行くでもなく広場の中を回っている観光客がいました。どうやらこの帽子をかぶって写真を撮るのが目的のようですが10分で広場を出てしまいました。

2017-9Jakarta (14)

ファタヒラ広場から歩いて5分ほどのところにジャカルタコタ駅がありましたので、行ってみましたが特にこれといって感想はありません。

2017-9Jakarta (15)

あまりにも暇でしたので、またブロックMに戻ってきました。結局ブロックMのほうが色々あって面白いですね。
昼になりましたので、スペシャルナシゴレンをいただきました。当然屋台ですが、ドリンクと合わせて360,000ルピア(360円)でした。
スペシャルだけあって一寸高いです。

2017-9Jakarta (18)

ブロックMスクエアをブラブラしていると破格のマッサージ屋を発見したので物は試しにと早速チャレンジします。
椅子に座る「バックセラピー」は何と15分150円。足マッサージは30分300円です。中国で行くローカルマッサージよりもかなり安くて驚きましたが、技術はイマイチでした。

2017-9Jakarta (19)

この日は早目にホテルに戻り翌朝3:30に起床です。

帰国便は全日空 NH872便 ジャカルタ7:10-羽田16:35 機材はB787です。
さすがのジャカルタも早朝は渋滞が無く、予想よりも早く空港に到着。

2017-9Jakarta (20)

イミグレもガラガラで出国したときには搭乗時間まで2時間近くありました。当然ながら免税店もほぼクローズです。

2017-9Jakarta (21)

搭乗開始までプレミアムラウンジで朝食をいただきなが時間を潰しました。

2017-9Jakarta (22)

機内は70%ほどの搭乗率です。普段日系の航空会社を使うことが少ないのですが、今回はスケジュール上ANAでしたので機内に入るとホッとします。

2017-9Jakarta (23)

定刻より5分ほど早くドアクローズからのプッシュバックです。ガルーダインドネシア航空は近代的な新ターミナルですが、ANAは既存のターミナル2。こちらのターミナルのほうがインドネシア風情があるので個人的には好きですね。

2017-9Jakarta (24)

離陸後すぐに朝食がサーブされましたがラウンジでいただいてましたので、機内では軽めの洋食をいただきました。

2017-9Jakarta (25)

フライトは定刻の16:35に羽田空港に着陸し、今回のハンドキャリーも全日程が完了となりました。

このようにティスク渕上ではここ数年インドネシアへも数多くの実績がございます。インドネシア向けハンドキャリーも弊社までお気軽にお問い合わせください。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2017/09/11

羽田空港~インドネシア・ジャカルタ向けハンドキャリー1

スタッフのSです。お陰様で2011年にハンドキャリー事業部を立ち上げ間もなくクライアント様が400社となります。ここ数年は大手フォワーダー様からのご依頼も多く、実績と信用が第一のハンドキャリー業界においてこれからも一層尽力してまいりたいと考えております。

先日は数多くのご依頼の中、羽田空港~ジャカルタ郊外向けハンドキャリーがありましたのでご紹介いたします。

今回は当日に東京の新規クライアント様から「ジャカルタ郊外までDoor to Doorでハンドキャリーしてほしい」とのお電話をいただき、フライトスケジュールと基本料金を即座にお伝えしたところ「レスポンスが早かったので貴社にお願いします」と嬉しいお返事をいただきました。

早速ご契約を締結し都内で該当貨物をピックアップ。その足で羽田空港へ向かいます。

羽田空港到着後すぐに税関で輸出許可を取得しANAカウンターでチェックイン。フラジャイル扱いで貨物を搭載してもらいます。

出国後は進捗状況をクライアント様へメールでご連絡。搭乗時間まではANAラウンジで事務処理と夕食をいただきました。

2017-9Jakarta (1)

羽田~ジャカルタはANA NH871便 HND23:30-CGK05:05 機材はB787です。今回はエコノミー再前方をリクエストしました。やはり到着後はすぐに貨物をピックアップしたいため座席は基本的に前方をリクエストします。

2017-9Jakarta (2)

深夜便でしたがしっかり機内食は出ましたので和食を選択。ラウンジで食事を済ませていたので、かなりお腹が満たされました。

2017-9Jakarta (3)

定刻よりも30分程早く、ジャカルタ・スカルノハッタ空港へ到着しバゲージクレームへ向かいます。ジャカルタは何度も来てますが、ここのターンテーブルは中々荷物が出てきません。

やっと荷物が出てきましたので税関へ申告。しかしレギュレーションが変わったとのことで税関で1時間ほど足止めを喰らいましたが、何とかその場で輸入許可を取得後に関税を支払いリリースとなりました。

外に出ると綺麗な朝日がお迎えしてくれました。

2017-9Jakarta (6)

空港からはUberでジャカルタ郊外の配送先へ向かいます。ジャカルタはバンコク同様世界でも有数な渋滞が酷い都市ですが、まだ早朝ということもありスムーズに配送を完了することができました。

2017-9Jakarta (7)

12時前にジャカルタ市内に戻ってきましたので、ブロックMの定宿にチェックインします。ホテルから見える高層ビル群はジャカルタの発展の象徴ですね。

2017-9Jakarta (8)

ジャカルタ到着後何も食べてませんでしたので近くの屋台にMie Ayamを食べに行きました。
15,000ルピア(150円)で結構な量です。

2017-9Jakarta (9)

そのあとはいつも両替するMプラザ2階にある両替所へ。

2017-9Jakarta (17)

ジャカルタへ行かれる方は日本で両替せずにここへ行ってください。日本の空港では10,000円で800,000ルピアにしかなりませんが、この両替所は10,000円で1,210,000ルピアになります。400,000ルピアの差になりますのでその差は大きいですね。

2017-9Jakarta (16)

今回は帰国便の関係上2泊のSTAYとなりますので、翌日の模様は次回でエントリーしたいと思います。


365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝