FC2ブログ
2019/01/15

成田空港~メキシコ・グアダラハラ向けハンドキャリー2

スタッフのTedです。
今回も成田空港~メキシコ・グアダラハラ向けハンドキャリー1の続きをエントリーいたします。

到着二日目の夜は近くの食堂で夕食をいただいてからグアダラハラ大聖堂近くへ靴磨きに出かけます。

2018-12guadalajara (14)

この写真は靴磨きをしながら撮ったものですが夜の大聖堂はライトアップされとても綺麗ですね。メキシコは靴磨き屋さんが沢山ありますので革靴で行ったときは必ず綺麗にしてもらいます。カンクンでは10ペソでしたがグアダラハラでは25ペソでした。

それでも日本で磨くのを考えたら格安です。しかもとても丁寧です。

翌日は大聖堂の中に入りました。この日は日曜ということもありミサが行われていて入場料もかかりません。
中には14歳の少女のミイラが祀られており、写真は撮りませんでしたが実際に見ることができました。

2018-12guadalajara (15)

その後は近くにあるハリスコ州庁舎へ。下の絵画は実は天井に描かれているものですが、イダルゴ神父と言い、メキシコ独立運動の指導者となった人でメキシコ独立の足掛かりを作った人のようです。

2018-12guadalajara (16)

2018-12guadalajara (17)

翌日は移動日となりました。早朝3時に起床し、グアダラハラ空港へUBERで向かいます。
メキシコの地方都市からヒューストンを経由する場合はほぼ早朝便となります。

2018-12guadalajara (18)

ヒューストンまではUA376便 GDL6:00‐IAH8:13 使用機材はE175です。

2018-12guadalajara (19)

ヒューストンでは乗り継ぎ時間が2時間足らずでしたのでラウンジにも入らずすぐにボーディングとなりました。

2018-12guadalajara (20)

成田空港まではUA7便 IAH10:00‐15:10NRT 使用機材はB777です。
最近は特に急いでいないときは最後尾の座席をリザーブすることが多いです。リクライニングを気にせず過ごせるのは楽ですね。

2018-12guadalajara (21)

機内食は和食に飢えていることもあり鳥丼にしました。

2018-12guadalajara (22)

このようにティスク渕上ではメキシコ向けハンドキャリーにも精通しております。ここ数年、メキシコ向けハンドキャリーの件数は激増しておりますが、現地通関は慣れていないとスムーズにいかない場合がありますので、メキシコ向けハンドキャリーも経験豊富な弊社までお任せください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト
2019/01/07

成田空港~メキシコ・グアダラハラ向けハンドキャリー1

新年明けましておめでとうございます。
皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。また、旧年中はひとかたならぬご厚情を頂きありがとうございます。
2019年も引き続き、社員一同一丸となりサービス向上に尽力して参ります。皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

さて弊社では年末年始も通常営業でしたが、多くのオーダーをいただき各スタッフが投稿しておりました。そんな中、年末にメキシコ・グアダラハラ向けハンドキャリーがありましたのでご紹介いたします。

今回は成田空港にて貨物をピックアップ後に業務通関しヒューストン経由でぐあだらはらグアダラハラまでキャリーです。

業務通関完了後に税関職員とともにユナイテッド航空にチェックイン、問題なく出国です。

2018-12guadalajara (2)

ヒューストンまではUA6便。 NRT 17:15-14:00 IAH 使用機材はB777です。
この日は珍しく最後尾の座席を予約しましたが、搭乗率は約8割でした。

2018-12guadalajara (3)

機内食はチキンを選択。鳥丼みたいな感じでした。

2018-12guadalajara (4)

約12時間でヒューストン空港に到着。乗り継ぎ時間が4時間ありましたのでユナイテッドラウンジで軽食をいただき事務処理等で時間を潰します。

搭乗時間となりましたので、搭乗口へ。

2018-12guadalajara (5)

グアダラハラまではUA6143便 IAH 18:20-20:46 GDL 使用機材はE175です。

2018-12guadalajara (6)

この日は定刻より10分早くグアダラハラ空港へ到着です。
バゲージクレームで貨物をピックアップ後、税関へ行き通関完了まで約30分でした。

その後は税関出口で現地ピックアップ担当者様とミートし、ダメージチェック後にサインをいただき業務完了となりました。

2018-12guadalajara (7)

その後は市内のホテルにチェックインし近くのメキシコ料理店で遅い夕食をいただきました。メキシコ料理は美味しいですが、頻繁に行ってるとやはり飽きますね。

2018-12guadalajara (8)

翌日は時間がありましたので、2階建ての観光バスに乗り市内観光へ。

2018-12guadalajara (9)

メキシコは旧スペイン領ということもあり、カテドラルなど素晴らしい建築物が多くありここグアダラハラも例外ではありません。

2018-12guadalajara (10)

2018-12guadalajara (11)

2018-12guadalajara (13)

この日は市内観光の後、ホテルに戻り近くのタコス屋さんで夕食をいただき夜はメキシコ出張恒例の靴磨きへ出かけました。
その模様は次回のエントリーでご紹介いたします。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2018/09/08

成田空港~メキシコ・アグアスカリエンテス向けハンドキャリー2

スタッフのTedです。海外にいるうちにあっという間に9月になってしまいました。
今回も成田空港~メキシコ・アグアスカリエンテス向けハンドキャリー1の続きをエントリーいたしますので最後までお付き合いください。

前日に貨物を引渡し、ホテルにチェックインした私は翌日はオフでしたので市内を散策しました。

ホテルの屋上から見えるアグアスカリエンテスの市内は快晴でとても綺麗です。

2018-8Aguas (10)

アグアスカリエンテスも10回ほど来てますので、特に見るところもありませんでしたがとりあえずパトリア広場へ。
大聖堂はいつ来ても綺麗ですね。

2018-8Aguas (11)


アグアスカリエンテスはメキシコの中でも治安はとても良く、メキシコシティ出張が続いた私にとってはとても安心できる街です。
この日は時間もありましたので徒歩でビクトリアスタジアムまで行ってきました。

2018-8Aguas (12)

ここはサッカーメキシコリーグのネカクサの本拠地でもあり25,000人収容の綺麗なスタジアムです。

2018-8Aguas (13)

帰国は翌日でしたが、復路もヒューストン経由です。

ヒューストン経由で成田へ飛ぶアクセスはアグアスカリエンテスからはいつも早朝です。この日も3時半にホテルをチェックアウトしタクシーで空港へ向かいましたが、4時過ぎでもカウンターにはまだ誰もいませんでした。

2018-8Aguas (14)


AGU-IAHまではUA4192便 AGU6:20-IAH8:38 

2018-8Aguas (15)

使用機材は私の大好きなE145です。ドアクロースまでコックピットを開けてるので飛行機好きには最高です。

2018-8Aguas (16)

約2時間のフライトでヒューストン・ジョージブッシュ空港へ到着。UNITED CLUBで時間を潰します。

2018-8Aguas (17)

2018-8Aguas (18)

ヒューストンから成田空港まではUA7便 IAH10:25-14:00NRT 使用機材はB777です。

2018-8Aguas (19)

機内食は和食をいただきました。

2018-8Aguas (20)

約13時間のフライトで成田空港に到着。今回も無事業務完了となりました。
このようにティスク渕上ではメキシコ向けハンドキャリーのオーダーが大変多く、数多くの実績がございます。メキシコ向けハンドキャリーも実績豊富な弊社までお気軽にお問い合わせください。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2018/08/31

成田空港~メキシコ・アグアスカリエンテス向けハンドキャリー1

スタッフのTedです。8月も沢山のオーダーをいただき各スタッフから送られてくるblog原稿をエントリーできないうちに末日になってしまいました。

そんな小職も現在メキシコシティのホテルからエントリーしております。

今回は先日メキシコのアグアスカリエンテス向けハンドキャリーがありましたのでその様子を2回に分けてご紹介いたします。

当ブログでも何度もご紹介しているメキシコ向けですが、このアグアスカリエンテスは日本の大手自動車メーカーの工場があることで有名な街です。

今回はヒューストン経由でアグアスカリエンテスに向かいます。メキシコシティへはANAが直行便を就航させてますので今年もANAさんに沢山お世話になっておりますが、アグアスカリエンテスへはヒューストン経由のユナイテッド航空を使うことが多いですね。

2018-8Aguas (1)

成田空港でチェックインと輸出通関を終えた私は出国し、ユナイテッドラウンジで食事をいただき事務処理をします。

2018-8Aguas (2)

成田空港~ヒューストン・ジョージブッシュ空港まではUA6便 NRT16:00-IAH14:35 使用機材はB777です。

2018-8Aguas (3)

離陸して暫くすると機内食タイムです。この日の和食はサラダと照り焼き丼でした。

2018-8Aguas (4)

定刻より少し早めにヒューストンへ到着です。

2018-8Aguas (5)

アメリカでは乗り継ぎで他国へ行く場合でも必ず入国しなければいけませんのでESTAは常に更新しています。

2018-8Aguas (6)

ヒューストンからアグアスカリエンテスまではUA4102便 IAH18:17-AGU20:23 

2018-8Aguas (7)

使用機材は写真のE45ですが私はこの機材が一番好きです。左側が1列なのでこちらに座るとプライベートジェット気分に浸れるのです。

2018-8Aguas (8)

アグアスカリエンテス空港へはほぼ定刻通りに着陸しました。この空港は何度も来ていますが、とても小さな空港ですので降機からイミグレーションまで30秒ほどです。

2018-8Aguas (9)

入国後、貨物をピックアップし税関で輸入申告し、出口で現地メキシコ人担当者様へ引き渡し後サインをいただき業務完了となりました。

現地の様子は次回でエントリーいたしますので引き続き宜しくお願い致します。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2018/07/30

成田空港~メキシコシティ向けハンドキャリー3

スタッフのTedです。今回は成田空港~メキシコ向けハンドキャリー2の続きをエントリーいたしますので最後までお付き合いください。

帰国の日となりましたので、早朝3時に起床しホテルをチェックアウト。メキシコシティ空港へチャーターしていたタクシーで向かいます。(メキシコは流しのタクシーは危険ですので必ずホテルでタクシーを呼んでもらっています)

2018-7MEX (11)

いつもは深夜便のNH181便で成田まで直行で帰国するのですが、今回はNH181便が高かったのでサンフランシスコ経由のUAで関西空港へ帰国となりました。

2018-7MEX (12)

早朝のため空港でのセキュリティチェックがスムーズに終わり、搭乗時間まではベンチで時間を潰します。

まずはSFOへ。UA820 MEX06:20-SFO09:05 使用機材はA320 3-3シートです。

アメリカの航空会社はグループ別に搭乗できるので非常にスムーズです。

2018-7MEX (13)

ほぼ100%の搭乗率です。この路線はアメリカ人ビジネスマンが多いですね。

2018-7MEX (14)

ほぼ定刻通りにサンフランシスコへ到着です。以前SFOはトランジットで時間がかかったことがあるので少し焦りましたが、この日は1時間ほどで搭乗口付近まで行けましたので、しばらく飛行機を眺めていました。

2018-7MEX (15)

ユナイテッドクラブで遅めの朝食をいただき関西空港へ向かいます。

2018-7MEX (16)

関空まではUA35便 SFO11:25-NRT15:00+1 使用機材はB787です。

2018-7MEX (17)

メキシコで通路側をリクエストしたはずが何故か窓側でした。

3人掛けでしたがとなりがいなかったので、トイレに行く際は苦労せずに済みました。またUAのB787は足元も広いのでロングフライトでも疲労は感じませんでした。

2018-7MEX (18)

サンフランシスコはしばらく行ってませんので外に出れず残念でしたが、機窓から市内が見れましたので良かったです。

2018-7MEX (19)

巡航高度に達するとドリンクサーブの後に機内食をいただきました。

2018-7MEX (20)

関空へはほぼ定刻に到着。事務所へ連絡を入れ業務完了となりました。ANA最長距離のNH180便にはwifiが搭載されてなく不便ですが、UA便にはwifiがありましたので機内でもクライアント様とメールのやり取りをすることができ満足でした。

このようにティスク渕上ではメキシコ向けハンドキャリーも数多くの実績がございます。メキシコ向けハンドキャリーもお任せください!
365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝