FC2ブログ
2016/05/18

関西空港~マレーシア・クアラルンプール空港向けハンドキャリー

関西スタッフのNです。今回はマレーシアのクアラルンプールへのハンドキャリーをご紹介させていただきます。

関西空港で赤帽ドライバーさんが搬入された貨物を関西空港で荷受けし、輸出許可を取って税関で搭載許可のスタンプをもらいました。

2016-5KUL (1)

フライトはMH053便。 KIX 11:00-KUL 16:45を予定。無事に定刻に離陸。6時間20分のフライトです。
機内食は昼食にホットミール、到着前に軽食とのこと。チキンorパスタでチキンを選びましたが美味しかったです。到着前にはマフィンとアイスクリームをいただきました。

2016-5KUL (2)

無事に定刻にKULへ到着し、バゲージクレームにて荷受け担当者とミートしI.D.確認、ダメージチェック後 受領書にサインをいただき、輸入申告の為 一緒に税関に行き無事に通関、業務用完了となりました。

その後、KLIA Expressで市内に向かいKLセントラル駅で乗り換え、チャイナタウン近くのパサール・スニ駅で降りて徒歩7分の ザ 5 エレメンツホテルに向かいます。

2016-5KUL (3)

帰国便は翌日の深夜なので、ホテルにチェックイン後 周辺を散策に出かけました。

2016-5KUL (4)

ラッキーなことに部屋からKLタワーとツインタワーの一部が見えました(^^)

チャイナタウンは目の前だったので散策し、セントラルマーケットまで歩きました。

2016-5KUL (5)

謎のお面屋さんや民族衣装と怪しげなマネキン

2016-5KUL (6)

2016-5KUL (7)

マレーシアの定番土産のナマコ石鹸!
この後、雨も降ってきたのでホテルに戻り就寝しました。

翌日

帰国便が深夜なのでホテルにスーツケースを預け、昼間のチャイナタウンを歩き

2016-5KUL (8)

スリ・マハ・マリアマン寺院を経由して

2016-5KUL (9)

クアラルンプール駅まで歩いてLRTに乗って郊外のバトゥ洞窟へ向かいます。片道70円くらいで行けます。安いですねぇ!

到着後、変な像がお出迎え

2016-5KUL (10)

後ろの階段登るんです💧 はぁ、ため息。。。
さすがヒンドゥー教の聖地だけあって易々とはたどり着けないですね(^^;

2016-5KUL (11)

なんとか洞窟に到着💧

2016-5KUL (12)

この後、また階段を降り 再び電車に乗ってクアラルンプールのシンボル、ツインタワーへ!
ここはショッピングモールやスーパーもあるのでショッピングも楽しめます(^^)

2016-5KUL (13)

この後、電車で移動して1番古いマスジッド・ジャメ・モスクや旧連邦事務局ビルを散策

2016-5KUL (14)

そしてホテルでスーツケースをピックアップして空港に移動し最後の晩餐にマレー料理のナシ・ルマを食べて23:45 MH052 の便で定刻に関西空港へ戻ってまいりました。

2016-5KUL (15)

このようにティスク渕上では数多くのASEAN向けハンドキャリーを経験しており、迅速・安全に最終目的地までお届けいたします。
ASEAN向けハンドキャリーティスク渕上にお任せください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト



2013/01/26

関空~クアラルンプール向けハンドキャリー2

前回のクアラルンプール向けハンドキャリー1の続きです。

お届け後は、既に夜が明けていたので宿泊ホテルを探すことも取り止めました。
マレーシア空港からの出国までの時間は翌日未明であったので、昼間一日のんびりできそうなネットの使えるカフェを探すことに決めました。

マレーシア首都クアラルンプールも今や近代的なビルやホテルが立ち並び、素敵な街並みを見て気持ちよくさせて下さいます。

2013-1kuala lumpur (9)

2013-1kuala lumpur (10)

お届け後の当日昼間過ごした、電車乗換駅KLセントラルでいただきました美味しいラーメンです。
タイカレー風味のコクがあり、お腹に心地良くしみ渡る美味しい深い味わいでした。

2013-1kuala lumpur (13)

マレーシア空港よりの帰国便は翌日時計の針が回った頃ではありましたが、いつものように安全を見て、早めに空港入りいたしました。

2013-1kuala lumpur (12)

深夜となり空港フロアにてのんびり待っておりましたが、またも離陸時間が2時間DELAYEDの表示が出現しました。驚愕しましたが腹を括りました。
上海空港到着後の乗り継ぎ時間が間もなかったので、関西空港行きに乗れるかの不安が少しだけよぎりました。
DELAYEDの同じ便に乗る乗客の皆さまも一緒だと思うと、何やら焦っても仕方ないと言う落ち着き感がやって来ました。サッカー放送を眺めることにしました。

2013-1kuala lumpur (14)

マレーシア空港からまたも早朝遅れて飛び立った後、無事に上海に到着しました。乗り継ぎ時間は30分しかありません。
マレーシアチェックイン担当、機内アテンダントにも大丈夫か念入りに確認しましたが、皆さん口を揃え安心してokの回答でした。

しかしながら、上海空港着陸後、走りに走った乗換え窓口の職員にチケットを提出すると、既にCLOSEDしている、NGだと言われました。愕然です。
何と、今回は最初の行き以外の3本がDELAYED、振替えとなる事態に遭遇しました。仕方ないことです。泰然とするしかないですね。


その前にまだまだ難はありました。最後の振替え便も搭乗後なかなか離陸準備に移行しません。座席に座った状態でいつになっても動かないのです。
結局、1時間も座席に座ったまま待ちました。やっと動き出した時にイライラ感から開放されました。

帰りの遅れた便も、高速飛行と安全な運行で、無事の関西空港到着にて今回の重要任務を終えることが出来ました。
お客様への無事の商品お届け完了とあれば、その他の些細なトラブルは小異なものであったと納得出来ます。

以上、クアラルンプール向けハンドキャリーのご報告でした。


関西スタッフ M

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2013/01/26

関空~クアラルンプール向けハンドキャリー1

1月も後半です。景気が上向いてきた影響なのでしょうか、連日忙しく更新も中々できないのですが、当ブログを読んでいただいている方のためにも頑張ります!!

今回は、関西空港より上海空港経由、マレーシアクアラルンプールお届けの案件です。
当日昼前に案件の依頼を受け、電車にて京都駅で集配、関西空港に向かいました。

関空税関にて貨物を通関後チェックイン。関西空港離陸時刻は夕方となり、上海空港トランジットが夜、クアラルンプールには翌日深夜未明に到着の予定です。

2013-1kuala lumpur (17)

2013-1kuala lumpur (18)

上海行きのフライトは和食風の機内食でボリュームがありました。
中国人、日本人にも喜ばれそうな料理でした。

2013-1kuala lumpur (19)

上海空港に到着後の早々、マレーシア便の発着準備が整わず、DELAYEDの表示が出ていました。
結局、2時間待つことになり深夜の上海空港よりの離陸となりましたが、同乗の沖縄からの旅行おば様方とお話しするなど和やかに待ち時間を過ごせました。

乗り換え後、マレーシア行きのフライトでは洋風魚料理を選択、あっさりと食べやすかったです。

2013-1kuala lumpur (2)

2013-1kuala lumpur (1)

マレーシア空港への到着は、上海での待ち時間と飛行時間が多めに掛かったことにより、翌日の現地時間早朝4時頃となりました。

2013-1kuala lumpur (3)

マレーシア空港での通関を完了したのが早朝5時近かったこともあり、安価で安全である空港エクスプレスの鉄道を選択しました。始発はちょうど5時でした。
クアラルンプール市内の乗り換え駅までおよそ56kmをノンストップで結ぶゆったりとした特急電車でした。

2013-1kuala lumpur (4)

2013-1kuala lumpur (11)

目標終点駅のKLセントラル駅到着後、在来ローカル線に乗り込めば目標とするホテルまでもうすぐです。

最終目的地であるKLアジアジャヤ駅に到着後、長旅の疲れも吹き飛ぶような安堵感に満たされ、心地良い夜明け時間のナイスな気分でした。
目的地ホテルにて、早朝にも関わらず親切なお客様と面会してのお届けを完了しました。
お届け商品をお客様にチェックしていただき受領証へのサインにて、今回のお届けまでの任務は無事に完了しました。

2013-1kuala lumpur (6)

少々長くなりましたので、続きは次回で・・・

関西スタッフ M

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
2011/12/28

ペナン~香港向けハンドキャリー2

PEN‐HKG‐KIX

翌日、といってもほとんど寝れませんでしたが・・・早朝5時、荷物と共にタクシーでペナン空港へ。

201112pen-hkg (8)
ペナン空港ではチェックイン前にチェックイン荷物のセキュリティーチェックがあります。

7:50発のCX692にボーディング後、ウェルカムドリンクを飲む事も無く、到着まで熟睡でした。

201112pen-hkg (9)
あっという間に香港へ到着、E-Channel で待つ事無く入国し、ターンテーブルで荷物をピックアップして、通関。無問題。

201112pen-hkg (10)
その後、タクシーで香港市内の指定倉庫に配達。受取担当の方に荷物を受け渡し、ダメージチェックも無問題。
受領書へのサインもいただいて業務完了です。

今回は翌日の帰国便でしたので、夜は散歩に出ましたが・・・

201112pen-hkg (12)

201112pen-hkg (11)

クリスマスイヴから4連休の香港は、何処もこれでもかと言うくらいの人出です。都心部では夕方から道路規制が始まり、地下鉄は24時間運行、ショッピングモールは営業時間を夜中まで延長、尖沙咀のネイザンロードは歩行者天国になってました。

翌日は香港発11:25分のCX506便で帰国です。

201112pen-hkg (1)

201112pen-hkg (2)

このように弊社では、海外から海外へのハンドキャリーも多く取り扱っており、ここ数カ月ご依頼が増えてきております。

年末年始も休まず営業しておりますので、お気軽にお問い合わせください。


ハンドキャリースタッフW


365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
2011/12/26

ペナン~香港向けハンドキャリー1

KIX‐HKG‐PEN

関西空港からペナンで荷物をピックアップ後、香港までのハンドキャリーがありました。

今回はお客様のご希望で全ルートをビジネスクラスです。まずはキャセイパシフィック航空CX503便で香港へ。しかし、折角のビジネスクラスにもかかわらず書類整理・メール確認・コンサイニーのチェックなどの後、強烈な睡魔に襲われ記憶は殆ど有りません。よって、機内食の写真も撮り損ねました。

201112pen-hkg (3)

201112pen-hkg (4)

約4時間半のフライトで、香港国際空港に到着。

日本からペナンの直行便は無いので、今回は香港経由です。香港でのトランジットの待ち時間はラウンジに直行して、食事+メールチェック後、休憩してました。

201112pen-hkg (5)

201112pen-hkg (6)

1時間ほどして、ペナン行き15:20発のCX693便にボーディング。約3時間半のフライトでペナンに到着。

そのまま空港にて現地法人のご担当者様から荷物を預かり、荷物と共にこの日はジョージタウンで宿泊となります。

ホテルにチェックインした後、ホテルの近くを散歩中にカレー屋さんを発見し夜食をいただきました。結構美味なり。

201112pen-hkg (7)


翌日は早朝4時起きだったので、早々にホテルに戻り睡眠となりました。


続きは次回で・・・


ハンドキャリースタッフW

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村