FC2ブログ
2019/08/09

上海浦東空港~タイ・サムイ島向けハンドキャリー2

スタッフのSamです。

今回も上海浦東空港~タイ・サムイ島向けハンドキャリー1 の続きをエントリーいたしますので最後までお付き合いください。

翌日も早朝の散歩からスタートです。このSAMUIのオブジェはインスタ映えしそうですね。チャウエン通りのショッピングモール前にあるフォトスポットですが朝は誰もいないのでおススメです。

2019-6samui (11)

タイではお馴染みドナルドのサワディカップバージョン。

2019-6samui (12)

早朝のビーチはやはり最高です。暑い国の人は朝か夕方に海水浴する人が多いですね。ベトナムでも朝に泳いでいました。
日焼けを気にするそうです。

2019-6samui (14)

早目に朝食をとり、ホテルをチェックアウトしGrabで空港へ向かいます。

空港のカウンターはこんな感じでリゾート感満載です。

2019-6samui (15)

サムイ空港の国際線はチェックインカウンターから一度外に出て5分ほど離れたところにあります。
このゲート前(ほとんど外ですが)はコーヒーやジュースのフリードリンクが置いてあります。珍しいですね。

2019-6samui (16)

帰路はシンガポール経由で関西空港へ帰ります。まずはチャンギ空港へ。

SQ5061便 USM9:55‐12:35SIN  使用機材はシルクエアのA319です。さすがにビジネス客は誰もいません。

2019-6samui (17)

短いフライトにもかかわらず、国際線ということで食事が提供されました。

2019-6samui (18)

チャンギ空港ではトランスファーが80分しかなかったので心配でしたが、現地雷雨のため20分ほど搭乗時刻が変更になり問題なく乗り継ぐことができました。

関西空港まではSQ622便 SIN13:55‐21:35KIX 使用機材はB787です。

2019-6samui (19)

やはりシンガポールは人気の観光地&ビジネスマンも多く、B8が満席です。

約6時間半のフライトで関西空港へ帰国しました。

2019-6samui (20)

このようにティスク渕上では海外から海外の配送も数多くの経験と実績がございます。ハンドキャリーは緊急かつ大切な貨物を人が運ぶ仕事です。料金ありきでお考えですと貨物のロストやディレイ等の問題が発生するトラブルも聞いておりますので、安心と安全の弊社まで一度お問い合わせください。
365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト



2019/08/02

上海浦東空港~タイ・サムイ島向けハンドキャリー1

スタッフのSamです。

先日、上海浦東空港から東南アジア屈指のビーチリゾート、タイ・サムイ島向けハンドキャリーがありましたので2回に分けてご紹介いたします。

今回は上海へハンドキャリー滞在中にタイミングよくお電話をいただいた案件でした。上海のハンドキャリーは数が多すぎて今回は当ブログでご紹介するまでもないので割愛いたします。

ハンドキャリー前日に日本のお客様からお電話をいただきましたので、帰国のフライトを急遽変更しサムイ行きのチケットを手配。

翌日に上海浦東空港で貨物をピックアップします。

上海~サムイまでは直行便がありませんので、バンコク経由となります。バンコクまでは上海航空 FM855便 PVG14:25‐18:05BKK 使用機材はB737です。

スカイチームプライオリティメンバーですので、MUのプライオリティカウンターでチェックインします。

2019-6samui (1)

上海~バンコクまではドル箱路線ですので満席です。

2019-6samui (2)

上海浦東空港では予想通りディレイしてしまい、バンコクでのトランスファーが心配でしたがギリギリ間に合いました。

バンコク~サムイまではバンコクエアウェイズ PG199便 BKK20:30‐21:35USM 使用機材はA319です。

2019-6samui (3)


定刻に離陸し、約1時間でサムイ空港へ着陸です。

2019-6samui (4)

着陸するとサムイ空港名物の可愛いバスで移動です。

2019-6samui (5)

ハンドキャリーはリゾート地へ行く機会はほぼありませんので、今回は不思議な感じです。

2019-6samui (6)


夜の到着でしたので空港の外観は分かりませんでしたが、空港でもリゾート感はありますね。この後、リムジンタクシーをチャーターし配送先まで移動。荷受人様へ貨物を確認いただき業務完了となりました。

2019-6samui (7)

ホテルは折角なので、チャウエンビーチ横の格安ホテルを予約しましたが今回、帰国便の関係上2泊しなければいけません。まずは翌朝6時に起床し散歩に出ます。誰もいないビーチで気持ち良いです。

2019-6samui (8)

チャウエンビーチ貸し切りです。

2019-6samui (9)

夜は賑やかな繁華街も朝は閑散としています。

2019-6samui (10)

この日はホテルで事務処理と次回ソウル向けの案件を日本側と打ち合わせながら、一日を過ごしました。

翌日と帰国の模様は次回でエントリーいたしますので引き続きお付き合いください。

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ティスク渕上 | Facebookページも宣伝

2019/07/12

福岡空港~ソウル向けハンドキャリー

スタッフのTedです。

先日、福岡空港~韓国・ソウル向けハンドキャリーがありましたのでご紹介いたします。

今回は福岡空港で通関済みの貨物をピックアップし国際線ターミナルへ向かいます。貨物はフラジャイルでしたので、機内に持ち込み破損とロストバゲージを回避することにしました。

フライトはティーウェイ航空 TW292 FUK12:25‐13:45ICN 機材はB737です。

2019-7Seoul (1)

弊社では基本的にディレイとキャンセルが多いことからLCCは使用しませんが、今回はクライアント様からの指示でしたので久しぶりにLCCに搭乗しました。

福岡は韓国から一番近い日本の都市ですので、近年韓国人観光客が多くなっていますが、この日も帰国する観光客と日本人観光客でほぼ満席です。

2019-7Seoul (2)

福岡から仁川までは約80分で到着です。

到着後、税関で通関した貨物を持って配送先の明洞へと向かいます。仁川空港からソウル市内へは電車、バス、タクシーがありますが私はいつもバスを利用します。

バスは明洞までKRW15,000。6015系統に乗れば明洞へ行きます。

2019-7Seoul (3)

このあと明洞にて貨物を引渡し、業務完了となりました。

帰国は翌日でしたので、ホテルにチェックイン後に夕食に出ました。

2019-7Seoul (4)

韓国では一人で食事する文化ではないので、いつもお店選びに困ります。ホテルの方に聞いたところすぐ近くに一人前でも注文できるお店があるので紹介してもらいました。スンドゥブチゲは美味しかったです。

明洞は相変わらず日本人観光客だらけです。

2019-7Seoul (5)

翌朝はホテル近くの有名なお粥屋CONGEE HOUSEで朝食をいただきました。海鮮粥KRW8,000でしたがとても美味しかったです。日本人観光客も多くいました。

2019-7Seoul (6)

その後はホテルに戻り、仕事をかたずけお昼にチェックアウト。バスでいんちょん仁川空港へ向かいます。


帰国便はアシアナ航空 OZ118 ICN17:20‐19:15KIX 使用機材はA320です。

2019-7Seoul (7)

約1時間半で関西国際空港に到着しました。

このようにティスク渕上では韓国向けハンドキャリーも数多くの経験と実績がございます。韓国向けも弊社にお任せください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村


2019/07/03

成田空港~メキシコシティ~アグアスカリエンテス~成田空港向けハンドキャリー2

スタッフのTedです。大変間が空いてしまい申し訳ございません。

今回も成田空港~メキシコシティ~アグアスカリエンテス~成田空港向けハンドキャリー1の続きをエントリーいたします。

メキシコシティにハンドキャリーを完了した後はメキシコシティのお客様よりオーダーがあったアグアスカリエンテスに向かいます。
弊社ではこのように現地滞在時にオーダーが入った場合は急遽予定を変更し対応しております。

前日にメキシコシティからの帰国便をアグアスカリエンテス経由に変更。

フライトはアエロメヒコ航空 AM2634 MEX13:35‐14:45AGU 使用機材はE-170です。

2019-4Mexico Aguas (11)

メキシコシティをほぼ定刻にドアクローズ。

2019-4Mexico Aguas (12)

約1時間のフライトでアグアスカリエンテスに到着です。今回はアグアスカリエンテスから成田空港へハンドキャリーでしたので、到着後にお客様の工場まで貨物をピックアップしに行きました。

2019-4Mexico Aguas (13)

市内に戻ってからはサンマルコス広場近くを散策。

アグアスカリエンテスは何度も来ておりますので特筆する点はありませんが、いつ来ても気候が良く好きな街です。
サンマルコス祭りの少し前でしたので、街はとても静かでした。数年前に祭り当日に行ったことがありますが、世界中から観光客が訪れ約1か月の間町全体が盛り上がります。

2019-4Mexico Aguas (14)

この日は1日だけの滞在となり翌日は帰路につきます。

先ずはアグアスカリエンテスからヒューストンへ。

2019-4Mexico Aguas (16)

ヒューストンでは3時間ほど時間がありましたのでユナイテッドラウンジで休憩です。

2019-4Mexico Aguas (17)

いつになってもこのオートミールというものは美味しさを感じません。アメリカ人はよく食べてますね。

2019-4Mexico Aguas (18)

この後、成田まではANA NH173便 IAH11:30‐15:20NRT で帰国。 空港内で通関を完了し、関東近辺のクライアント様まで配送し業務完了となりました。

このようにティスク渕上ではメキシコ向けハンドキャリーも数多くの経験と実績がございます。メキシコ向けも弊社にご依頼ください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
2019/06/18

成田空港~メキシコシティ~アグアスカリエンテス~成田空港向けハンドキャリー1

スタッフのTedです。

先日、成田空港~メキシコシティ~アグアスカリエンテス~成田空港向けハンドキャリーがありましたので2回に分けてエントリーいたします。

先ずは、成田空港~メキシコシティ向けハンドキャリーに向かいます。
成田空港でクライアント様から貨物をピックアップし、税関で輸出許可を取得。その後、弊社で頻繁に利用しているANA NH180便のチェックインです。

2019-4Mexico Aguas (1)

出国後はANA SUITEラウンジで書類整理をしながら搭乗時間を待ちます。

NH180便 NRT16:45-15:20MEX はANAの最長路線でメキシコシティまで直行しますので時間は長いですが、ダイアモンドメンバーはプレミアムエコノミーにアップグレードされますのでとても快適です。

使用機材はB787のメキシコシティ用エンジン搭載機です。(MEXは高地にありますので酸素濃度が低く、特別なエンジンが搭載されています)

機内食は和食をいただきました。

2019-4Mexico Aguas (2)

頻繁にANAを利用していると、数か月間は機内プログラムが変わないため、今回は「101回目のプロポーズ」を鑑賞。
小生が大学生時代に放映されていた人気ドラマですが四半世紀ぶりに観ることができました。

2019-4Mexico Aguas (3)

その後は事務処理や睡眠をとり、約12時間半のフライトでメキシコシティ空港に到着。

2019-4Mexico Aguas (5)

税関で通関申告後、TAXを支払い貨物がリリースされましたので、税関出口で現地メキシコ人担当者様とミート。
ダメージチェック後にサインをいただき、往路の業務は完了となりました。

その後はZONA ROSAにある定宿までタクシーで向かい、この日は時差ボケ解消のため早めにベッドに入りました。

翌日は、1日オフでしたのでZona Rosaから世界遺産が多いソカロ地区へ出かけます。何度か行ったことがあるのですが、定番の大聖堂と5月5日通り付近を散策です。

2019-4Mexico Aguas (7)

2019-4Mexico Aguas (8)

カテドラルや宮殿があるソカロ広場ですが、朝夕には国旗のフラッグセレモニーがあります。メキシコはどこに行っても大きい国旗が掲揚されてますね。

2019-4Mexico Aguas (9)

この日の夕食はタコスばかりも流石に飽きますので、ホテルの近くにある「すき屋」で定食をいただきました。

2019-4Mexico Aguas (10)

この日の夜、ホテルに戻るとタイミング良くメキシコのお客様から「アグアスカリエンテスから日本の某所までハンドキャリーしてほしい」とのご依頼があり、急遽帰国のフライトを変更し、翌日アグアスカリエンテスに向かうこととなりました。

その模様はPart2でエントリーいたしますので引き続き当ブログにお付き合いください!

365日24時間OK! HPはこちら 国際ハンドキャリー

海外・国内ハンドキャリーは経験と信頼のティスク渕上で 

ランキング参加中です。クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村